マドリガル

結城永人


離別しても
面白く過ごされる
のでは
グッド・ラックと
いいたい
かねて爽やかではなかった
恋情が
弱るべく
突き刺さる
場所を思い返しながら
ブラックを
飲んでいるんだ
動き出せはしなくて
およそ
力のないまま
突破口ならあろう
ことばかり
引き合わす宿命は
潰してはならないのか――
下ったらしく
まさか良かった
心境こそ