ルピナス

結城永人


何もいえなかった
見ていて口を慎まされて
尖った形と富んだ色に
どきまぎさせられながら
大好きな人こそ
間近には接せられずとも
想像させられてしまうし
何もいえなかった

ルピナス
心に春を呼ぶ
名前のように咲いた
声にもならないピアノの
言葉だけが降って来る

空へ向かって
突き上がる
花盛りの綺麗な
恋盛りの美麗な
都へ向かって
揺れ掛ける
立ち伸びる

ルピナス
心で唇が過る
女神のように訪れた
影にもならないエースの
言葉だけを繰り広げる

星と示されて
追い求める
花盛りの綺麗な
恋盛りの美麗な
翼と示されて
探し当てる
受け留める

何もいえなかった

ルピナス
心は夢が香る
彼方のように飛んだ
力にもならないフリーの
言葉だけで会いに行く

道も楽しくて
胸を弾ませて
風も清らかだ

先も嬉しくて
顔を輝かせて
世も艶やかだ