Chains

結城永人


自分を傷付けるのは止めなよ
思い遣りに必要なのは傷跡じゃない
分かってるのに行ってしまう
確かさを持つ

原始の人種が枯渇した大地で太陽を罵ると感じるかい
密林の部族が愚鈍だから残酷な儀式に励むと考えるかい
まるで猿のように彼らは水分がなくて悲しんでた
まるで命のように彼らは安泰のためと喜んでた

君は可哀相に思うかな
証明されるべき痛みは心の中で必死に生きようとしてるらしい
傷跡なんて関係ないさ
あろうとなかろうとそれこそ自分自身だ

もし死にたいなら誰だって生きてはいないだろう
僕は明らかに書くよ
自殺も方法の一つなんだ
無人島で息絶えてしまう人たちがいる

君は本当に可哀相に思うかな
花を遣りなよ
遅くない
力尽きないと良い