Some notes

結城永人


竪琴は妖精を風に乗せて

蝶を幾許か舞い躍らせて

麗しく花弁と覚まされて

楽園こそ詩歌のみ寄せて