九歳

結城永人


傷付き易く
壊れ易く

兎が咄嗟に駆け出すよ

見え難い
聞こえ難い

洞穴の方へ隠れてしまうよ

戻って来い!
好きなんだ
叫んでる

彗星が長々と尾を引く頃

来たくない?
好きなんだ
喚いてる

闇夜が明々と芽を吹く頃

巡らせる
思いこそ
涯しない
理由なく

辿らせる
感じこそ
畢りない
動機なく

兎が突如と寄り付かないよ

分かってみたくて
堪えさせる
今だけは
悲しくないと
心に
捨て去りそうな
唄が引っ掛かり……

懐いてはない
はなればなれで
懐いては
呼び掛ける

樹海が深々と粉を撒く頃

逢えると良い
いつかどこかで
逢えると
呼び掛ける