徒めき

結城永人


なんで囚われていたのか
罠に引っかかりながら
過ごした情意なので
非常に勿体なかったという

天理な原則とすれば
薬でも作り出すほどの
渡世へ役立つ模範だろうか

皆と仲良くなりたくて
放っておくべきではないと
悲しみを思考したにせよ
留意もされなくなり
取り止める頃は
尤も僕独りだった

身を粉にして
慰めたのかどうか
どちらでも心苦しい
黙さなくてはならないんだ
手前に仁義がないよりも
義侠のない他所だとは
泣けぞしないで

知恵袋が空なのも
良いといえば良いんだろう
励まし合いこそ
事実ではなかったか
互いに面と向かっていた

ただし清々ではない
判ってみるや無効だった
自分を押し殺したまま
利得がないのも明らかでは

倏忽に肯わなかった
様々な人たちの実勢を
見聞できたというよりか
大して意義もなく
癪に障っては猖獗なわざと