激励

結城永人


どうするかは自信を付けろ
世間に蹂躙されるのならば
実績こそ益すべきであろう
もしや息を詰めなかったか
死神と悪魔が急迫するので
嵐だの稲妻なんかでもなく
皆は廃棄してしまった地平
苦難を乗り切れるかどうか
厳粛な気分で考えてみたい
如実に神様は喜ばしかった
感じる善意が清廉に野花で
誰かしら瞳を閉ざすはずと
まるで月面の風趣のように
恐らく抱懐できた何かしら
言霊へ闇は必ず照り映える
立ち上がって留めた慈愛だ
荒廃した社会が騒然となり
命が尽きても変わりはせず
やはり幸運よりも弱くない
星の光が顕現する美しさを