ミニ・ソナタ

結城永人


季節は
ステンドグラス
味わい深い
祈りの

恋愛を
インスピレート
軽く痺れた
模様で

取り換えよう

僕が登り詰める
高山の青空は
病を心配する君と

換えてみよう

君も行き詰まる
世間で特別を
邪は危惧する僕さ

予言が
ワンダーランド
細く細かく
運命だ

みないものか

雀の囀り
春の陽射しの
麗らかさ

いくだろう

夏の地均しの
爽やかさ
蜂の働き

いくだろう

潮吹く鯨や
風を揺らす秋
華やかと

さるならば

清らかさ
蘭の開き
冬の水掛けの

いくだろう

人生も
ユニバース
延々と

現実で
スペクタクル
共々に

合わないか
結び付けた霊を
僕は合う

君が持つ
打ち解ける情も
持たないか

生活の
ファンダメント
命運へ

切々を
シンクロナイズ
所望だ