方解石

結城永人


万一の望みを絶たれると自分を社会の
外側に位置付けなくてはならない

つまり虚無の現実的な条件であって
冥土への最も速い道筋といおう

僕が生存できるのは死を社会の内側に
必ず知覚したい限りなんだ

かくて願いも唱えないで消滅してしまう
悲哀とは残酷みたいな体験である