自己批判

結城永人


差別はない
富裕も貧困も
知っているんだ

罵られ……地獄そのもの
嘲られ……地獄そのもの

偏見もないんだ
賢明や愚昧を
分かるので

蔑まれ――地獄そのもの

現実だから
嫌われる感情も
知り尽くしている

生活ならば
憎まれる心理を
分かり捲るだろう

地獄そのもの

割れたのは(真)だった
曇ったのは(善)だった
滅したのは(徳)だった

なんて美しい
被造物
もしやなのか
絶対に