ふかふか

結城永人


少なくとも
吉と出るのは明白だ
待機している物自体が
信用されたので

しかし
手元にはない
およそ
逸してしまうのではないか
やはり
暗かった

必需品ならば
辛抱も堪らず
祈るのだろう
素晴らしさへ

今後が遠い
といって
朽ち果ててしまいもせず
とはいえ
意気込む
といえど

得られなくてや
間延びも無理はなかった
打ち切るな
好機こそ

有数物だから
労苦を祟られ
慈しむまでに
馳せ参じない