げかい

結城永人


せいしんをとういつする
うけとらなくてはならない
かなたがきれいだった

せっぷんのせつな
よりも
おうとうのかたわれ
よりもよりも
つばきのぼうし
よりもというよりも
という

にわとりがはしり
やまざるがすわる
しぜんそのものか

いきててうれしい
はじめてかんじる
つよくかんがえる
ほっしたすべてへ

かなたがきれいだった
ちいさなことばをのこして
いたくもかゆくもなく

けいけんをこえよう
まさるきぼうのために