Aura violet

結城永人


部屋は掃除され
椅子だけだった

妖精に花束を渡す

日常が何気ない
起立してるまま

便箋は開封され
窓枠だけだった

妖精に香水を渡す

普段が何分ない
定着してるまま

玄関は整頓され
把手だけだった

妖精に宝箱を渡す

普通が何事ない
傾倒してるまま

布団は乾燥され
模様だけだった

妖精に愛情を渡す

尋常が何回ない
解放してるまま