To map future

結城永人


桜の花びらが舞い散る早春の季節
砂時計が転がって行く坂道に立ち
僕はショルダー・バッグを抱える君を想う