Not much snow

結城永人


今から会いに行くよ
来るなと言われても向かうよ
心の声が呼んでいるんだ
嵐が吹き荒れる洞窟の中で
野兎が丸まって耳を垂れている
騒がず
しゃんと
座っている
一つも不思議じゃないんだ
腕に紐を巻いているね
足に鎖を掛けているね
分かっているんだ
閉じた唇に隠された好きの一言が
咄嗟に魂を魅了する