Listened to the radio

結城永人


硝子の瓶に古い記憶を詰め込んで
海へ放り投げる
砂浜に打ち寄せる波は動きを止めない
太陽が熱く照り付ける真夏の時刻は
まるでバターのように堕ちる