Sweet song

結城永人


花一輪贈るよ
何も残らないね
路上には雨粒よりも人影が多く差している
このアスファルトを駆け抜けたのは
決して一度きりじゃなかった
どうせ待っているのさ
会おうと望んで