緩い風

結城永人


無理はするな
付いてるじゃないか
君には僕が
さもなければ放られて
良いんだよ
頑なにならなくても

やってごらん
できるから
優し過ぎたのは
可笑しみのせいだろう
どんなときも
嘘ならば本当さ
考えてもみないか
諦めないで

林檎なんか
欲しくなくたって
くれるかぎりだもの
貰っておくに
越さないね
只淋しいにしてが
人らしくあり

運も君へと
叛かれやしないんだぞ
歯に衣を着せずに
今正しく
余計みたいだったか