人生を左右した大恋愛わ

結城永人


受け留める風も寂しく吹き渡るまま
胸の中で鎧戸が閉ざされたばかりだ
どんな店を営んでいたつもりなのか
気を持たされて散々だったからには

余程の華やかな指輪でも考えながら
真実へ歯向かったりすることだけは
断じて欲したくはなかったんだろう

人生を左右した大恋愛わ
遂げられても遂げられなくとも
檸檬が変わらずに
美しいように互いを動かす

満たされても満たされなくとも
互いを動かす夢想によって

本来の流れをかくも取り戻さす
人生を左右した大恋愛わ

貴方の踏み切るはずだった存在ならば
優しい気持ちにならずにはいなかった
二人にとって最高の形とは何なのかも
焦れったいほどに明かされはしないで
僕も静かな連れ去られ行く風に憧れる