感動の渦

結城永人


貴方から受け取る
何でもないことのように
想われる言葉は
苦しみを知っているから

現実は聞きながら
考えられる楽しみも
存外なほどの
味わいやも分からない

巻き込まれて行く
巻き込まれて
僕は認めずにいられない
流れ出したという
心の癒しを

とにもかくにも
自分一人では
怪しい影に過ぎなかった
言葉が流れ出した
永久に続くのかしら
止まないまま

染み込まれて行く
染み込まれて
風も揺れずにいられない
覚え立てたという
世の習いを