健康法

結城永人


改めて生じたのは
予期しない出来事だった
無気力へ突き落とされるような
早速とばかりにも認め難い
感覚を味わわす

挫けてしまいそうだ
何もかも嫌になって
諦めてしまうべきか

何もかも嫌になって

他人から見れば
頑張っている他人から
見える自分は
つまり頑張っていない
自分は見える
頑張っていない

何もかも嫌になって
先を投げ出す覚悟を窮めた
人は誰でも同じなんだ
受け入れたくなくなれば
次いで虚しさを只覚えながら
気持ちを入れ替え
先も投げ出す覚悟を窮める

挫けてしまいそうで
諦めてしまうべきと
情けないくらい思う

神様も見ていた
道筋を共にしつつ
もはや神様も
見ていたはずだった
甚だしいほどの
存在が明るみに
出されたんだ