思い立ち

結城永人


確かにもせよ
皆と仲良くできるかどうかなんて
海のものとも山のものとも付かない
向き直してみれば
恐ろしいくらい
頑張るのも一人では難しく
内面を覗き込んでは
打ち倒されるしかないような状態を
免れ得ないまま
悩み果て切りとは

僕に任せて
透き通った心で
触れ合いたいから

落ち込まずに
気持ちが暗くても
解き解してあげよう
貴方こそ

生きるとは素晴らしい
愛されながら噛み締められた幸せの
味わいは籠一杯の果物だった
知っておいて欲しくてか
全てを再び曇らせないためにも
取り組まなくてはならない

労苦は厭わない
大変でも構わないらしく

星に願って
光り輝いた心で
飛び出したいから

沈み込まずに
気持ちが抉くても
抱き抱えてくれよう
風色こそ

惜しんだりはしない

忽ち萎れ枯れ去ってしまいそうに

花の命は短くとも

入れ放しの力で

燃え尽きさせはしないんだ

僕に任せて
透き通った心で
触れ合いたいから

星に願って
光り輝いた心で
飛び出したいから