つぷち

結城永人


分かり過ぎるほど
気に入ってしまえば
取り違えなんかしない

心に染みる
水入らずの恋しさは
半分だけ恥ずかしくて
厚かましかった

爽快ではないかしら
少しの間隔もない
密着してもしなくても

可愛いからこそ正に
見守っていたいんだ

染みる心の
恋しさが水入りでも
恥ずかしくなるばかり
案の定と麗しい