気分次第

結城永人


日の目を浴びて
有望するべきだ

どうするのか
信念を逸らかすまま
暮れる愚かさで

無下な自分こそ
心外だったんだ

有望できよう
日の目を浴びながら
感服したければ

宜しく過ごせず
どうかしていた