黒鳥

結城永人


想像すると優美だ
何時も――――
思考しては豪奢で
夕陽へ飛翔してた

失踪するか、孤立したか。

本当に優美だった
何時も――――
非常に豪奢なので
暗夜を目的してる

求めないで、いられない。

概念すると墓碑だ
何処も――――
表現しては人生で
悲哀へ落下してた

感受するか、想像したか。

本当に墓碑だった
何処も――――
非常に人生なので
黒鳥を結果してる

忘れないで、いられない。

作詩すると華麗だ
如何も――――
経験しては稀有で
宇宙へ到着してた

言葉するか、概念したか。

本当に華麗だった
如何も――――
非常に稀有なので
宝玉を由来してる

呼ばないで、いられない。

想起すると典雅だ
何故も――――
思惟しては風月で
今日へ脱出してた

会得するか、作詩したか。

本当に典雅だった
何故も――――
非常に風月なので
黒鳥を起源してる