鼻たち

結城永人


記憶が重い
空気も
酸素も

酸素を吸う
かわりなく
空気を
かわりつつ
記憶も吸い、

調子に乗る
サーフィン(海景)
密度に撓む
マスカット(喫茶)

ヨットは揺れて
嗅げなくなって
しわしわ岸辺で

カップが留まり
匂わなくなるや
ぼつぼつ梅雨だ。

   六月

吐く息がすんだ
いない――相手……
ドアを開けると
たえて行かれか

!?

走行する車のピチャと
水飛沫をかける花壇で
紫陽花は咲いてて脱帽

すう イメージ 魅力的な
魅力的な イメージ すう
イメージ すう 魅力的な
すう 魅力的な イメージ

まるで二人みたい

振り切れる
重たい気分を
かわれれば
恐らく
アイランド(眺望)かも
飛んでサイキックの
利かなくなかった、
思念はひまひまで。