しんみり

結城永人


倖せを噛み締めている
赤ちゃんは何も手にしない
透明感で魂一杯になって

報いないと天罰が下るか
世の中にも良さはあり
弱り果て捲りというよりは

イッツ・ユー
真実ならば否定され得ない
マイ・オンリー・ラブ
なんて素晴らしさだろう

エブリウェア
僕たちは求め合いながら
エブリウェア
かりに出会さないとしても
エブリウェア
思い残しやしなかった

生活の味わいがあるや
何も口にしない赤ちゃんだ
まるで聖母が抱くような

マイ・オンリー・ラブ
歴史は繰り返されるまま