オレンジ・ジャングル

結城永人


涙も出て来ず
空しい祈りを引き戻してや
捨て身で待ち続けた

次の瞬間へ
すっからかん
突かれる隙はないにしろ
深い悲しみで囚われて
パニックだった
どんなものか
解せるほどに泣ける
不可思議という
気持ちこそ味わえども

念願は寂しく
消されてしまったのか
悔しさも得ないまま
地団駄を踏んで

声が枯れるぞ
叫んでは叫んでは
止まない喉笛を
掻き切って傷ましいよりだ
堪らなくなかったと