変遷

結城永人


微かな光が見えて来た


まるで隧道を抜け出すような心持ちがする





残りは少しだ

極々






真っ暗な闇が蔓延るにせよ




割れないばかりの行く手か



広がる