ベビー・フェイスは急かさない

結城永人


福運を欲しつつも
蚊帳の外で一人だけで

過ごす時間の侘びしいこと

さながらそうやも
長椅子に山葵だ

片手落ちの心惑いを

付き従う世の中ではなかった
皆も関わらないに違いない

余りな酷さなんだ

却って嬉しいと感じられて来る

聞くも涙で
語るも涙の話などもせずに
そのうち

さりとて寝そべったまま
何をどうする

ともかく生き切りが
町向こうの軟風のように