弥次郎兵衛

結城永人


ゆらゆら
吹けば飛ぶような
ゆらりんこ

殺られてる場合か

おい
諸君
そこの
取って来るな

こんなに詩が面白くて良いのだろうか……

蒟蒻だけど
盥の右上で切欠は
見ない目しか残さなかった
コビトカバも憩う

草枕にて

ゆら
ゆらゆらりん
こっこゆ
らりんらりんゆ
らりん