日没前〜我が道を行く〜

結城永人


何の気なしに
自分と似たような人にエールを送った
少なくとも目が向いていたので
頑張って欲しいなんて
付き合いなど全くなかったわけだし
寂しいかぎりにもせよ
やらずにはいられなくてや
飛んだ話だ
違うのかしら
エールを送った後で自分のためになると
捉え方が変わった

かの人は根が真面目で
芯も強く
欠点という欠点もない性格だった
恰も海豹に乗って流氷を掻き分けて進む如く
驚異の精神の持ち主だ
してみると
素敵過ぎる
どんなに魅力的でも皆には近寄り難いのではないか
そこで細かいことにもくよくよしてしまうはずならば
積極性が肝心だ
一人芝居も愛され得た結果として
敬遠の事実を踏まえて
有り難く受け止めるべきだから
自分の世界も
又繰り広げられるに違いない

同じだったんだ
仲良くするつもりなのが仇となり
パーティーは愚かコメントにも劣る
貰えなさでしかなかった
腹を満たされるくらい伝わったせい
頑張らなくてはならない
逃げ帰ったハムスターを両手で労りながら
並べて嫌われたゆえではなかった
窘めるのももう遠い