歌謡曲

結城永人


水色の愛を伝えたい
思いはオレンジだ
色ではない
果物を

君のえぐい
衣服の柄も気にしないよ
日本古来の
伝統だもの

愛は水色だった
心惹かれるばかりの感情は

笑っちゃうね

鏡に写る
世界を今と
混ぜ合わせて

伝えたい思いも色になる
果物のオレンジで

可愛い君は
脱ぎ捨てるだろう
もしか貰うならば驚きを
道理で匿われなかった
光の輪も
潜り抜けて行くべきときさ

夜も夜と
恋は吠えた
月が淑やかに覆った