言語の門

結城永人


数に漏れたのかしら
カリフラワーよ
人の子として

彼処で
尊ばれる君を策定すると
君も僕のところへ来て
万遍なくとも
僕は心が洗われずにいない

ゴール・テープを切りたくなくて
スタート・ラインに立たなかった

思ってみても面白い

やらせてくれず
できるはずならば
やるつもりだ

忸怩な
燻っていた腸でさえも
折りに触れて
笑いへと変わった

スタート・ラインに立たないんだ
ゴール・テープを切るべくもなく

遊ばれなかった皆へ

奏でてみても楽しい

思ってみては面白い