土星に海老反り

結城永人


どれくらい好きなのか
考えても考えても足りない
不可能なくらいなんだ
要するに示し切れなかった

今日のところは
題名の通りで勘弁して欲しい
ほらまた
衰えなくて良いんだよ
土星に海老反り
決まってるじゃないか
本当に好きなんだね
こっちこそ知ることができて
ニコニコ・バッヂを
要らないと断られるとな
泣きたいくらい悲しく
切ない気になる

消えないで
嫌がらせではなくて
似合うと感じられたんだ
好きな証拠だし
二人だけの記念品として
大切に保管するべきではないか
忘れてなんかないさ
記念品が何なのか
海の家で買って食べた
バナナの皮が印象深いにしろ
熟して異様に黒ずんでいた
磨けばきっと見られて
金平糖のようなカラフルで
煌びやかな良さを
発揮するに違いない

幸せ過ぎたと
思われることがあるとしても
こっちにいわせて貰えば
恋に生きる
五文字しかないじゃないか

むしろどうだ
淋しいのは少しでも傷付くや
元通りにならないぞ
気を付けたい