寄り集まって

結城永人


人々の密かな小さな怒りが当たり散らした
いわなくても分かるよね
どうなったか
山のようなものがまるで襲いかかるのさ
絶叫を出したとしても
太陽系の軌道を地球は逸れずに回り続けた
只広いのは何だろう
謎々ならば
恐竜でも捕まえに行くかい
卵から産まれたばかりの
プテラノドンを
なんて可愛いだろう
落とすなよ
発音が科学的だから似たようなやつと
思い付いたまでにしておかなくてはならないよ
横腹が痒かったのに
とても揺れ動く気持ちだった
止めて欲しい
改めて漫画化するのは
するならするで
聞いてくれないと困るんだ
助け船は座礁したの
命知らずな旧友が先立つ不幸に……
見舞われた恵まれない
かつて世の中だったにも拘わらず
生き残りへ目を丸くしがてら
恐いね
寒くて恐ろしいくらい収穫前のライ麦んところで
俯伏せになった僕個人なんざ
どうでも良く一本を取られたまま
嫌われても好きだと愛してなかった日があるよりは
パピヨンが‘蝶’なのか
または‘犬’なのかを訴えかけていたのだった
だから文明の利器を担いでなかったために
窓越しで緑が染み込んで来る胸だったとな
情けないゼラニウムの萎れ花を切り株に置いて欲しい
意味も吸われてしまったわ
考えても矢継ぎ早な今正に