森半ば

結城永人


君のことだ
好きだった
愛していた
必要だった

思ったよりも知っている
心の声を聞き留めるから
内緒にするつもりなんぞ

僕のことか

清流に踏み入れた素足

助けてあげたい
皆のことも

認めるよりは考えないで
命の源が尽き果てるなら
訴えかけるしかないんだ
大風呂敷ではないだろう

皆のことも
君のことだ
僕のことか

表して欲しかった言葉